良くわからない地デジアンテナ

現在すでにテレビ波について地上波デジタルと呼ばれるタイプに変わっていますが、その前まではすべてのチャンネルで地上波アナログと呼ばれる方式で放送されていました。

かつてのアンテナといえば赤と白の混じったようなあみだくじのようなタイプでしたが、このアナログタイプのものは地上波デジタルを受信することが出来ませんのでデジタル用のアンテナを追加しなければならなかったのです。
よって、多くの方は2011年のアナログ方式の終了までにアナログアンテナを取り外してデジタルアンテナに交換したと言えるでしょう。

しかし、厳密に言うと上述のようにデジタル・アナログアンテナと言う呼称は適切でなく、地デジアンテナはUHFアンテナ・アナログアンテナをVHFアンテナと呼ぶのが正しいのです。
この地デジアンテナ自体の値段はそれほど高くなく、1万円以下の数千円で購入できることも多くなります。

それでも、ご家庭によってはアンテナとか何も交換とかしていないけど、今でも全然変わりなくテレビが映っているよと言う方もいらっしゃるでしょう。
実はそのようなご家庭のほとんどは地域のケーブルテレビに加入している方になりまして、多くはケーブルテレビのプロバイダーからから地デジ対応の機器を別に接続してもらっているという分けです。
エリアによって地デジアンテナを設置しても移りが悪い地域もあるとされるので、その場合は補助機器を設置して受信状態を良くする工夫をしなければならないでしょう。